トップへ » 吉岡歯科医院の理念 » 医院が揚げる理念とは

予防が何よりも大切

医院が揚げる理念とは

「歯科医院は、虫歯が痛み出したなど何らかのトラブルが生じたときに行くところ」そう思っていませんか。そのような方にとっては「予防」が大切と聞いても、どこかピンとこないかもしれません。

虫歯になって歯に穴があき、痛みもあります。これを治療するのは、確かに歯科医の仕事です。でも、あいてしまった穴を埋めたり削ったりすれば、もう二度と虫歯にはならないのでしょうか。原因をなくさなければ、虫歯はなくなりません。「虫歯で穴があいた」ことは、原因ではなく、結果です。

歯を守る上で最も大切なことは、虫歯になった原因を知り、その原因をなくすことです。どこに原因があったのかを知らないままにしたら、再び虫歯になってしまうでしょう。それは、虫歯だけでなく、歯周病にも同じことが言えます。

そこで大切なのが、原因を知った上で行う「予防」です。予防は「美と健康の維持・増進」のためのメンテナンスです。当院には、この「予防」を基本に、一般歯科、小児歯科、矯正歯科、インプラント、歯周病治療などの各専門分野があります。

すべての分野でベストの医療を

医院が揚げる理念とは歯科医療は、実はとても幅の広い分野だということをご存知でしょうか。「診てもらうなら、上手な歯医者に診てもらいたい」と誰もが思います。ところが、ひとくちに上手な歯医者といっても、歯周病治療に長けた医院なのか、抜歯の技術が優れた医師なのか、外科技術に優れているのかなど、歯科医療の分野は多岐にわたっているのです。そのため、1人の歯科医がすべての分野にわたって最上級の技術で対応することは、不可能だと言わざるを得ません。

熟練の専門医師・技工士・衛生士による治療を
当院では、熟練した専門の歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士による治療を受けていただけます。保険診療・自費診療の区別なく、すべての分野にわたって最上級の医療技術を提供すること、これが当院の基本的な理念です。開院以来、患者さんが受けたい治療とは何か、患者さん本位の治療とは何かを目指した結果、現在の医療態勢ができあがりました。

また、患者さんに「喜ばれる歯科医療」を提供するための態勢づくりに力を注いできた結果、最新の医療設備の完備、高い経験値を持った専門家集団であること、その専門家集団による「チーム医療」という現在の医療態勢に行き着いたのです。

世界水準の医療技術を提供

医院が揚げる理念とは歯科医療は、技術職に近いものです。だからこそ、人格と高い技術を備え持った「人(スタッフ)」に尽きる分野です。当院は、歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士など、すべてを院内に持つ一貫態勢で対応しています。なぜ一貫態勢なのか。それは、一貫態勢には妥協の入り込む余地がないからです。

通常の医院では、歯科技工は外注となります。しかし、外注では実際の患者さんとの触れ合いは限られたものとなります。たとえば入れ歯を作る場合、一般的には医師が型をとり、その型をもとに外注の技工士が作ります。ところが、患者さんとの接触が限られてしまうと、患者さんからの要望はもちろん、患者さんの歯の色合い、歯の形、顔の形、職業など、技工士にとって重要な情報も限られたものになります。

当然、患者さんにとって最善のものができる可能性は、ごく低いものとなるでしょう。「患者さんのため」を本気で考えれば、院内技工は必然なのです。

また、当院のドクターをはじめとするスタッフは、みなトップレベルの高い技術を持っています。このような言い方は不遜に聞こえるかもしれませんが、世界水準の歯科医院が、ここ福山にあることを知っていただけたらと願っています。


トップへ » 吉岡歯科医院の理念 » 医院が揚げる理念とは


トップページ

PAGE TOP

総合トップへ戻る