トップへ » 当院のこだわり » クリーンな院内環境

大学病院レベルの感染対策

クリーンな院内環境

皆さんも、ニュースなどで「院内感染」の話題を見かけたことがあると思います。「院内感染」とは、病院や医療機関内で細菌やウイルスなどの病原体に感染することです。病気治療の場である医院は、一方でさまざまな病原体の持ち主である患者さんが集まる場とも言え、そうした病原体の感染が院内で広がってしてしまうことが「院内感染」です。

当院では、世界で最も厳しいヨーロッパの基準を満たした最新の機器で院内感染を予防しています。この最新機器で治療に使用する器具の滅菌を徹底して行い、清潔で安全な治療環境を維持しています。

<万全の対策>
・集中消毒システムの導入による定期的なホース内側の殺菌
・歯を削る器具はすべて逆流防止機能を搭載
・器具は患者さんごとにパックに分けて洗浄、滅菌
・空気感染防止のための空気清浄機導入  など

最新の熱水消毒器

クリーンな院内環境器具の洗浄・すすぎ・消毒・乾燥を行うのは熱水消毒器です。感染の原因となるのは血液や唾液などのたんぱく質。ところが、血液や唾液といったたんぱく質は、55℃以上の高温になると凝固して落ちにくくなってしまいます。

最新の熱水消毒器は、たんぱく質が凝固しないように冷水から予備洗浄を行い、高い水圧で確実にたんぱく質の汚れを落とします。

加えて、最終のすすぎの段階では水温を93℃の高温まで上昇させて消毒を行うので、高いレベルの熱湯消毒が可能です。このように徹底した温度管理と高い水圧による洗浄で、肝炎やHIVウイルスにも効果を発揮します。

治療は常に清潔な器具で

クリーンな院内環境当院では、コップ、スリッパからエプロンに至るまで、可能な限りディスポーザブル(使い捨て)を徹底しています。患者さんごとに手袋を変えることはもちろんのこと、その患者さんの目の前で開封・廃棄することを徹底しています。こうすることで、患者さんにも安全で安心な治療を行っていることを知っていただけます。

治療は患者さんごとに交換し、常に清潔な器具を使用していますクリーンな院内環境
歯を削る時に使用するドリルの柄の部分には、患者さんの唾液や血液、あるいは細菌やウィルスなど様々な汚れが付着しています。殺菌せずに他の患者さんに使用すると、ウィルスや細菌感染の恐れがあり大変危険です。事実、アメリカの歯科医院では、治療器具の使い回しが原因で、B型肝炎ウィルスやHIV(エイズ)ウィルスに感染する事故が起きています。
(右図クリック拡大)

国内の現状を見ると、国立感染症研究所が全国の歯科医院を対象にした「ドリルの柄の部分の滅菌処理について」調査を行ったところ、891医院のうち66%が適切な滅菌処置を行わずに他の患者に使い回していることが明らかになりました。この結果を受けて厚生労働省では殺菌処理の徹底を強く呼びかけています。

当院では、早くから院内感染対策に取り組み、治療で使用したドリルは柄の部分まで完全滅菌し、患者さんお一人おひとりごとに滅菌した器具を使用しています。万全の体制で細菌感染防止に努めておりますのでご安心ください。

クリーンな院内環境クリーンな院内環境クリーンな院内環境

医療用空気清浄機を全館導入し、徹底的な感染防止

クリーンな院内環境空気清浄に気を使うホテルは、気持ちが良くて、過ごしやすいものです。また、花粉症対策やPM2.5など、清浄な環境への意識がとても高まっています。

当院で使用している医療用の空気清浄機(クリアテック社製)は、目に見えない空気中のホコリや臭いを強力に除去してくれます。空中浮遊菌も高圧集塵ユニットでしっかり捕らえ、快適でクリーンな空間の中で治療を受けていただけます。これまでありがちだった、不快なパチパチ音のない、静寂性の高い清浄機です。


トップへ » 当院のこだわり » クリーンな院内環境


トップページ

PAGE TOP

総合トップへ戻る