トップへ » 当院のこだわり » 世界水準の治療

治療科目ごとに専任のドクターが世界水準で治療

世界水準の治療

「世界水準の治療」と呼んでもらうためには、大きく2つのポイントがあるでしょう。最新の医療機器、優れた医療設備やバリアフリーなど、ハードウェアの部分。それから、各専門分野のドクター、歯科衛生士、歯科技工士などのスタッフの技術水準。つまり、ソフトウェアです。

ハードウェアについては「クリーンな院内環境」を参照ください。ここではソフトウェア、つまりスタッフの高い技術レベルについてご紹介いたします。と言っても、それぞれ詳細に語っていたら膨大な量の文章になってしまいます。個別の項目でも当院の技術力については触れていますので、ここでは、いくつかの例でご紹介しましょう。

医療マインドが重要

世界水準の治療ドクターについて話をする場合、まず触れなければならないのは、医療マインドについてです。医療マインドとは、ひと言で言えば「患者さんへの思いやり」に尽きます。患者さんに対して、常に正直、真摯でなければなりません。自分が患者だったらどう処置をしてもらいたいか、という患者さんの目線に立った治療の提供を意味します。

歯科医療とは「噛めない」「見た目が悪い」「うまくしゃべれない」といった問題を改善して日常の生活に復帰してもらう、という仕事であることの自覚。患者さんへの治療は、患者さんの生活の再建でもあるのです。

ですから、正しい医療マインドの考え方で言えば、たとえばインプラントが定着して手術が成功した場合でも、そこは終着点にはなりません。患者さんがその後どういう生活をしてどう過ごすか、そこに終着点を見ます。世界水準の医療と呼んでもらうには、この点を疎かにすることはできません。

チーム医療

世界水準の治療それぞれ、高い知識と経験、そして技術を持った当院のドクターやスタッフですが、大切なのはそれぞれの持つ素晴らしい才能を1つに結ぶことから生まれる強力なパワーです。これを「チーム医療」と呼んでいます。

チーム医療と言っても、それぞれの専門家が集まればそれで良いと言うものではありません。チーム医療で問われるのは、何よりもスタッフの人格。患者さんから信頼を得なければなりませんし、加えて、スタッフ同士お互いの信頼がなければチームとして機能しないのです。

ミーティング

世界水準の治療当院の口腔外科や矯正技術の水準は、大学病院にも優ると自負しています。もちろん大学病院は、通常の開業医にはない専門医がいます。その一方で、たとえばインプラントを扱っている大学病院はむしろ少ないのです。今後の高度医療・先進医療は、当院のように開業医が牽引していくべき分野かもしれません。

当院のチーム医療では、症例ごとにチームが集まってミーティングを行っています。これを、大学病院ではない開業医が行っている例は、ほかにないのではないでしょうか。定期的なミーティングのほか、インプラントでは夕方から朝まで行うケースもあります。複数のドクター、技工士、衛生士、麻酔の専門医、全員が意見を出し合える場がミーティングです。患者さんへの対応を行う受付スタッフがミーティングに参加することも重要です。

特にインプラントでは、埋める技術だけでなく、麻酔や外科の力が必要不可欠ですし、被せ物もあるので技工士も立ち会います。技工士は、必要があればその場で形を整えることもできます。それらがすべて一貫して院内でできるチーム医療とその技術水準は当院の誇りですし、堂々と世界水準と呼んで差し支えのないものだと自負します。
 

高度な麻酔の技術

世界水準の治療インプラントなどで当院が行っている麻酔は、全身麻酔ではなく、鎮静法と呼ばれる技術です。鎮静法とは、呼吸やある程度の意識レベルを保ちながら、その一方で記憶を飛ばす麻酔方法で、高度な技術を要するものです。また、たとえば血圧の高い人であれば血圧コントロールをし、手術に対する不安感が強いタイプの患者さんであれば、その不安をとることも行います。

なぜこのような高度な技術が使われるのかというと、お口の中の手術ですからお口を開けてほしい場合がありますし、噛み合わせを見たいから噛んでほしいといった場合があるからです。つまり、意識はあるので医師の指示に従うことができる一方、手術中のことは覚えていない状態をつくるのです。

また、個人によって薬の効きは違うもの。1人ひとりに合った麻酔レベルを維持するのは難しい技術ですが、同時に麻酔医にとってはそこが腕のふるいどころとなるのです。

手術の流れを熟知し、患者さんの状態を把握し、時間軸に沿って麻酔の深い・浅い、麻酔の性質をコントロールする。まるで魔術のような技術、それが当院の麻酔医の技術であり、麻酔医であれば誰でもができるレベルの技術ではありません。


トップへ » 当院のこだわり » 世界水準の治療


トップページ

PAGE TOP

総合トップへ戻る