トップへ » 当院のこだわり » クリーンな院内環境 » 治療は常に清潔な器具で

治療は常に清潔な器具で

クリーンな院内環境当院では、コップ、スリッパからエプロンに至るまで、可能な限りディスポーザブル(使い捨て)を徹底しています。患者さんごとに手袋を変えることはもちろんのこと、その患者さんの目の前で開封・廃棄することを徹底しています。こうすることで、患者さんにも安全で安心な治療を行っていることを知っていただけます。

治療は患者さんごとに交換し、常に清潔な器具を使用していますクリーンな院内環境
歯を削る時に使用するドリルの柄の部分には、患者さんの唾液や血液、あるいは細菌やウィルスなど様々な汚れが付着しています。殺菌せずに他の患者さんに使用すると、ウィルスや細菌感染の恐れがあり大変危険です。事実、アメリカの歯科医院では、治療器具の使い回しが原因で、B型肝炎ウィルスやHIV(エイズ)ウィルスに感染する事故が起きています。
(右図クリック拡大)

国内の現状を見ると、国立感染症研究所が全国の歯科医院を対象にした「ドリルの柄の部分の滅菌処理について」調査を行ったところ、891医院のうち66%が適切な滅菌処置を行わずに他の患者に使い回していることが明らかになりました。この結果を受けて厚生労働省では殺菌処理の徹底を強く呼びかけています。

当院では、早くから院内感染対策に取り組み、治療で使用したドリルは柄の部分まで完全滅菌し、患者さんお一人おひとりごとに滅菌した器具を使用しています。万全の体制で細菌感染防止に努めておりますのでご安心ください。

クリーンな院内環境クリーンな院内環境クリーンな院内環境


トップへ » 当院のこだわり » クリーンな院内環境 » 治療は常に清潔な器具で


トップページ

PAGE TOP

総合トップへ戻る