トップへ » 当院のこだわり » 痛みの少ない治療 » 麻酔や治療がニガテな人も安心

麻酔や治療がニガテな人も安心

院痛みの少ない治療

当院では、次の2つを心がけた治療を行っています。

●痛みの少ない治療
●心理的負担・肉体的負担の少ない治療

痛みの原因はどこから?
まず皆さんに知っておいてほしいことは、歯科治療は痛くないということです。歯科医院というと、どうしても「痛いところ」「長居をしたくないところ」そんなイメージがあるかもしれません。でも、それは過去のイメージです。では、過去の歯科治療において、そもそも痛みの原因はどこにあったのでしょうか。

それは、治療の痛みを抑えるために行う「麻酔」の段階で生まれる「痛み」でした。こう言うと「え?麻酔は痛みを感じないために行うものではないの?」と思われるかもしれません。確かに「痛くない治療」を行うために麻酔があります。ところが、この麻酔を行う際の注射が痛いのです。

痛くない麻酔の技術痛くない麻酔
でもご安心ください。今では「痛くない麻酔」を行う技術が進んでいるため、本当の意味で「痛くない治療」が行えるようになっています。

麻酔を行う際に感じる痛みには、今まで2つの段階がありました。
1. 歯ぐきに注射針を刺すとき
2. 麻酔液を注入するとき

この2つの段階で生じていた痛みを解消できれば「痛くない治療」が可能となり、患者さんが抱く心理的・肉体的負担も大幅に軽減されるでしょう。

そこで、考えられたのが「2段階麻酔」です。当院の「痛くない麻酔」は、次のように行われます。

1)表面麻酔を使う
まず、麻酔を打つ部分に麻酔薬を塗ります。これを「表面麻酔」と呼びます。これは塗り薬なので、当然ですが痛みはありません。表面麻酔の目的は、麻酔の針を刺すときに生じる痛みを緩和させることにあります。表面麻酔を行うと、注射針を刺しても「痛い」という感覚はほとんど生まれません。

2)ゆっくり麻酔液を入れる
麻酔の針が刺さる痛みを抑えても、麻酔薬を注入する際の痛みを抑えなければ意味がありません。その痛みは、麻酔を注入するときの圧力にありました。そこで、コンピュータによる圧力コントロールで、ゆっくりと麻酔を注入します。

このように、麻酔を行う際の痛みを解消すれば、その後の治療は麻酔の効果がありますから、痛みを感じることはほとんどありません。

静脈内鎮静法
鎮痛剤を点滴しながら治療を行う麻酔法の一つで、治療に伴う痛みやストレスを緩和させる効果があります。点滴をすると、周囲の声は聞こえていますが、ぼんやりとした意識になり記憶はなくなります。

鎮痛剤の調整は非常に難しい面がありますが、経験豊富な麻酔専門医が、手術の流れや患者さんの体調に合わせながらコントロールしますので安全です。


トップへ » 当院のこだわり » 痛みの少ない治療 » 麻酔や治療がニガテな人も安心


トップページ

PAGE TOP

総合トップへ戻る