トップへ » 当院のこだわり » 世界水準の治療 » 高度な麻酔の技術

高度な麻酔の技術

世界水準の治療インプラントなどで当院が行っている麻酔は、全身麻酔ではなく、鎮静法と呼ばれる技術です。鎮静法とは、呼吸やある程度の意識レベルを保ちながら、その一方で記憶を飛ばす麻酔方法で、高度な技術を要するものです。また、たとえば血圧の高い人であれば血圧コントロールをし、手術に対する不安感が強いタイプの患者さんであれば、その不安をとることも行います。

なぜこのような高度な技術が使われるのかというと、お口の中の手術ですからお口を開けてほしい場合がありますし、噛み合わせを見たいから噛んでほしいといった場合があるからです。つまり、意識はあるので医師の指示に従うことができる一方、手術中のことは覚えていない状態をつくるのです。

また、個人によって薬の効きは違うもの。1人ひとりに合った麻酔レベルを維持するのは難しい技術ですが、同時に麻酔医にとってはそこが腕のふるいどころとなるのです。

手術の流れを熟知し、患者さんの状態を把握し、時間軸に沿って麻酔の深い・浅い、麻酔の性質をコントロールする。まるで魔術のような技術、それが当院の麻酔医の技術であり、麻酔医であれば誰でもができるレベルの技術ではありません。


トップへ » 当院のこだわり » 世界水準の治療 » 高度な麻酔の技術


トップページ

PAGE TOP

総合トップへ戻る