トップへ » 治療について » 一般歯科

一般歯科・虫歯治療

虫歯治療

当院では、保険診療をベースにした、ていねいでわかりやすい治療を心がけています。すでに虫歯になって痛むケースでは、適切な処置で対応いたします。

当院では「削って詰める治療」より「予防」を重視しているため、定期的な口腔内ケアを行うことで「一生虫歯と歯周病にならない口腔内環境作り」を目指しています。

虫歯は、そのまま放置しておくと歯を失ってしまう原因になるほか、胃腸障害などにつながります。痛くなくても半年に一度程度で良いので、歯科医院で定期検診を受けると、自分では気付かない小さな虫歯の早期発見ができて、治療も軽く済みます。

虫歯について
そもそも「虫歯」とは、どんな病気でしょう。虫歯とは、お口の中の細菌が糖から酸を生み出し、その酸によって歯質が溶かされる病気です。虫歯は、進行程度によっていくつかに分類されますので、ご紹介しましょう。

CO・C0
歯の表面のエナメル質の部分が白くなる程度の虫歯。この段階ならフッ素塗布や歯磨きなどで回復することもあります。

C1・C1 エナメル質のみの虫歯
歯の表面に白いしみのようなものがあったり、溝の部分が茶色っぽく着色したりしている状態です。歯の噛み合わせの溝の部分や歯と歯の間に起こりやすく、この時点では痛みはあまり感じられません。お口の中の環境など、ケースによっては経過観察とします。

C2・C2 エナメル質および象牙質の虫歯
エナメル質と象牙質の境目まで虫歯菌の感染が進み、象牙質まで虫歯になっている状態。冷たいものや熱いものがしみるようになります。まだ虫歯が神経まで進んでいないので、比較的簡単な治療で治すことができます。

C3・C3 虫歯が進み神経が炎症を起こしている
炎症にとどまらず、神経が死んでしまっている場合もあります。C3は大きく2つの場合があります。この場合は、根の先に膿の袋ができてしまうことがほとんどです。冷たいものがしみる・熱いものがしみる・ずきずきするなどの症状を伴いますが、ケースによっては症状がなく進行している場合もあるので注意が必要です。

C4・C4 歯の崩壊がひどく、歯を残すことが不可能な状態
虫歯の侵食がかなり進行し、歯をほとんど溶かしてしまった状態。すでに歯髄が死んでしまっている場合は、痛みを感じません。歯の根っこの部分が炎症を起こし、膿が溜まっていることもあります。一般的には抜歯となりますが、抜歯をせず残っている根を少し引っ張り出して被せ物を作ることで、歯を残せるケースがあります。当院では、できる限り抜歯をせずに残せる方法をご提案しています。

できるだけ歯を抜かない・削らない

一般歯科当院では「できるだけ歯を抜かない・削らない」治療を心がけています。

患者さんの将来のお口の健康を考慮して、できるだけご自身の歯を残す治療を行うことが当院の目指すところです。虫歯治療の際も、ただ削ってしまうのではなく、薬剤やそのほかの方法を積極的に取り入れています。

なぜなら、歯は一度削ってしまうと、皮膚や爪のように再生することがないからです。削ることは、歯の柔らかくて弱い部分を露出することでもあります。たとえ詰め物をしたとしても、すき間などに汚れが溜まり、虫歯や歯周病のリスクをさらに高めることにもなります。

もちろんやむを得ない場合もありますが、やはり生涯にわたるお口の健康を考えれば、削らないで治す方法を1つでも多く取り入れて「できるだけ歯を抜かない・削らない治療」を目指す以外にはありません。


トップへ » 治療について » 一般歯科


トップページ

PAGE TOP

総合トップへ戻る