トップへ » 治療について » 予防歯科

予防歯科とは

予防歯科

年齢を重ねるごとに、歯を失ってしまうのはなぜでしょうか。若いうちに歯を失う原因でまず挙げられるのが、虫歯です。中高年以上になってくると、歯周病がその原因の筆頭となります。

そこで重要となるのが、状態が悪化してから歯科医院で治療するのではなく、いかに虫歯や歯周病にならないようにするか、つまり「予防」なのです。なぜなら、虫歯で痛みを感じたり、歯周病で歯がグラグラになったりしてから治療を施しても、もとの歯の状態を取り戻すのは不可能に近いからです。加えて、治療にも多くの時間がかかります。

だからこそ、普段からメンテナンスが重要なのです。そのため、当院では予防歯科に積極的に取り組んでいます。そして実際、多くの患者さんが定期検診を受けています。

現在の歯科治療は、もはや歯周病の治療を抜きにしては成り立たちません。当院の予防歯科の大きな特徴は、歯周病治療の先進国と言われる北欧のスウェーデン・イエテボリ大学で実践されている最新治療法を取り入れていることです。広島大学歯周治療科の水野先生が中心となり診療にあたっています。

予防の基本

予防歯科予防の基本は、毎日のブラッシングにあります。ところが多くの方に見られるのは、ブラシを何となく動かして「磨いた気分」になっていること。これでは予防になりません。大切なのは「磨き残しやすいところがどこか」これを理解した上で正しい歯磨きをすることです。

その一方で、ブラッシングだけでは、歯周病の原因となる歯垢や歯石を100%除去できないことも確かです。そこで、定期的な歯石除去をおすすめし、歯周病にならないお口の環境を維持することが重要です。

虫歯や歯周病は、治すものではなく防ぐもの。だからこそ、定期的な検診とクリーニングが大事なのです。歯科医院は、痛くならないために行くところであり、健康を守るために行くところだと考えてください。

予防に効果的なPMTC

予防歯科「PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)」は、歯科専門家による機械でのお口のクリーニングです。PMTCをすることにより、歯がツルツルになり、細菌が付きにくくなるだけでなく、着色がとれて美しいご自身の歯がよみがえります。歯科衛生士が各患者さんのお口の中の状態に合わせて行うものです。

実際にPMTCを体験すれば実感していただけるのですが、多くの患者さんが心地よさと爽快感を得ています。それは、PMTCが次のような効果を持っているからでしょう。

●虫歯予防
お口の中の細菌を減少させ、プラークの再付着を防ぐ
●歯周病の改善
お口の中の歯周病菌を減少させ、歯周炎の症状を軽くする
●口臭予防
お口の中にいる菌の減少により口臭も軽減
●審美性の向上
着色を除去し光沢のある歯の表面を回復する
●歯質の強化
フッ素入りの研磨ペーストを用いるので、歯の再石灰化を促し、歯質を強化する

ここまでお伝えしてきた通り、日頃からの正しいブラッシングと定期的な歯科医院での検診、この2つが虫歯や歯周病を防ぐための大切な両輪です。できる限りお口の中を清潔な状態に保ち、定期的に歯科医院でチェックを受けましょう。そして、必要に応じた歯石除去やPMTCを行っていくことで、いつまでも自分の歯で楽しい食事をしていただきたいと思います。


トップへ » 治療について » 予防歯科


トップページ

PAGE TOP

総合トップへ戻る