トップへ » 治療について » 口腔外科

口腔外科とは

oti3.jpg

口腔(お口の中)、顎に現れる先天性・後天性の疾患を扱う診療科が口腔外科です。歯が原因となるものはもちろんですが、

交通事故やスポーツなどの外傷、顎変形症、唾液腺疾患などの外科的疾患、口腔粘膜疾患、神経性疾患、口臭症などの内科的疾患も含まれる、幅広い領域となっています。

当院では、難しい抜歯や親しらずの難症例、交通事故時の骨折、外傷を中心とした救急対応など
多治米町の吉岡歯科医院では広島大学歯学部助教 小原勝先生が、
霞町のファーストデンタルクリニック福山では院長の越智康先生が
中心に行っております。
また、他歯科医院にて治療中の患者さんでも、抜歯のみの診療も受け付けております。
安心してご相談ください。

代表的な口腔外科治療

口腔外科●親知らずの抜歯
特に問題もなく、普通に噛めている親知らずは無理に抜く必要はないでしょう。問題なのは、親知らずは正しい位置に生えてくることがあまりないことです。横に生えたり、生えきらなかったりすることが多く、それが原因で腫れたり、隣の歯まで虫歯になったりと、トラブルの原因になりがちです。

●顎関節症
若い女性に多い顎関節症は、顎が鳴る、口が開かない、顎が痛いといった症状が出ます。当院では、顎関節症治療として「薬物療法」やマウスピースによる「スプリント療法」を行っています。

●外傷
お子さまに多い、事故による歯の脱臼や歯槽骨骨折などの診断・治療を行います。事故で抜けてしまった歯でも、乾燥させないように牛乳などの中に入れて持参すれば、場合によっては再生できることもあります。こうしたケースでは、抜けてからもとに戻すまでの時間が短いほど成功率は高まります。

親知らずの治療

口腔外科親知らずはお口の中の一番奥にあるため、ブラッシングがしにくく汚れがたまりやすいことから、トラブルに発展しやすく、ご相談も多くなっています。

まず、CTスキャンで撮影をしてから外科手術を行います。これにより、確実で安全な手術を行うことができます。骨の中に埋まってしまっている難しいケースでも、親知らずを細かく砕きながら取り除くことで、極力骨を削らず、痛みと腫れの少ない処置を心がけています。

親知らずを抜いた方がいい場合
抜歯の必要があるのは、以下のような悪影響が生まれるリスクが高いケースです。

●歯ブラシが届かない位置にあり、虫歯や歯周病になりやすい
●周辺の歯に悪影響があり、口臭の原因になっている
●歯肉の炎症や腫れ、歯並びの乱れの原因になっている
●あごの動きを邪魔し、あご関節症を引き起こす場合
●あごの奥深くに埋まっていて顎の骨折の原因になる

歯牙移植

IMG_2764.JPG歯牙移植とは、失ってしまった歯の部分に、親知らずを移植する治療法のことです。そのため、使用できる健康な親知らずが生えていることが、移植の最低条件となります。ケースによっては親知らず以外の歯を用いることもありますが、この場合は保険適応外となりますのでご注意ください。

また、親知らずを移植する場合でも保険適用となるためには、抜歯したその日のうちに親知らずの移植を行う必要があります。歯牙移植はすべての歯科医院で行われているわけではなく、当院のような技術水準と設備が必要となります。


トップへ » 治療について » 口腔外科


トップページ

PAGE TOP

総合トップへ戻る