トップへ » 治療について » インプラント

インプラントとは

インプラント

一般的に「歯」というと、歯磨きをする部分をイメージしますが、実際にはその下に「歯根」と呼ばれる根っこがあります。しっかりと「噛む」ことができるのは、この歯根が歯を支えているからです。

インプラント治療とは、失ってしまった歯の歯肉に人工歯根(=インプラント)を埋め込むことで土台を築き、この上にセラミックなどの人工の歯を装着する治療のことです。「最も合理的に歯を再生できる治療方法」とされています。

インプラントのメリット
「歯を失っても、より噛みやすく、より自然に口の機能を回復したい。」インプラントとは、そんな願いを実現できる治療法です。入れ歯は歯ぐきに乗っている状態ですが、インプラントは強固な根っこを持ちますから、違和感のない丈夫な歯を持つことができるのです。

入れ歯やブリッジ、差し歯に代わる新しい治療法がインプラント治療です。自然に近い、より美しい歯を取り戻せる点が大きなメリットですが、何よりもうれしいのは、食事も美味しくできる点でしょう。

豊富な実績

インプラント「インプラントの手術を行うという事は、患者様と一生のお付き合いをする事だと思っています。」
20年以上に渡りインプラントに携わって参りました。
インプラントの重要な考え方として、「確実、かつ安全で安心して治療を受けていただくこと」をコンセプトに取り組んでいます。このコンセプトに基づき、40年以上の実績を持つスウェーデン製のブローネマルクインプラントシステムを採用しています。手術は、無痛麻酔をして、痛みの少ないインプラント処置をしております。また、インプラント発祥の地であるスウェーデンの最新治療法を常に取り入れおり、シンプラントでの治療計画立案を取り入れています。インプラントに妥協は許されません。

正確な診断でインプラント手術の成功率を高める

インプラントインプラント治療の成功率は、熟練した歯科医師の場合、96~98%だと言われています。当院では、ほぼ100%の成功率を誇っています。これだけの高水準を維持できるのは、ドクターの技術力の高さと、正確で緻密な診断を行っているからです。

歯の形や骨格が患者さんごとに異なるように、治療方法もその人に合わせて考えていかなければなりません。それにはまず、骨の硬さや柔らかさ、全身疾患などを含めた正確な診断が求められます。

当院のインプラント専門医は生物学も熟知し、骨格はもちろんのこと、歯や骨の細胞や免疫、全身疾患などを総合的に把握し、正確な診断を行っています。

「医療の心」と真摯な気持ちでインプラント治療に挑む

院長あいさつ当院は、すべてのスタッフが医療マインド精神を持ち、常にインプラント治療に対して真摯な気持ちで取り組んでいます。当院が考える「医療マインド(医療の心)」とは、「患者さんへの思いやり」です。患者さんと正直に向き合い、その方にとって本当に相応しい治療を提供することが、歯科医療に携わる者の務めだと考えています。

歯を失った方の多くは、噛めない・喋りにくい・見た目が悪い、といった悩みを抱えています。私たち医療スタッフは患者さんと一緒に考えながら、より快適で日常生活を豊かに過ごせるインプラント治療の提供を目指しています。

機能性・審美性を重視し、さらには術後の機能回復やメインテナンスも含めたトータル的なインプラント治療で、患者さんの人間関係を円滑にし、より豊かな人生をサポートいたします。

チーム医療でハイレベルなインプラント治療を提供

チーム医療インプラントの普及とともに難症例も増え始め、もはや一人の医師の力では対応が難しくなってきました。いま、歯科医療で求められているのは、優秀なスタッフが連携して行う「チーム医療」です。

当院では、症例ごとにチームを組み、インプラント専門医、麻酔医、技工士・衛生士、受付スタッフを交えて症例検討会を開きます。治療方法から手術中の麻酔管理や技工物、術後のメインテナンス、さらには受付での対応に至るまで意見を出し合うことで、情報を共有し、万全な体制で治療に臨むことが出きるのです。

チーム医療体制を組んでいる歯科医院が随分増えてきましたが、ここまで徹底している開業医はそうは多くはありません。県内ではトップレベルだと自負しております。

「ALL ON 6」は、歯をすべて失った方のための画期的なインプラント治療

ALL ON 6これまでのインプラント治療では、すべての歯を失うと、その本数分のインプラントを移植しなければなりませんでした。当然、患者さんの身体に負担がかかり、治療期間も長引き治療費も高額になります。こうした、すべての歯を失った方の負担を軽減したインプラント治療法が、ALL ON 6(オール オン シックス)です。

ALL ON 6は、6本のインプラントを移植するだけで、すべての歯を支えることができるインプラント治療法です。患者さんへの負担が少ない治療として注目を集めています。

噛み合わせた時、一番力が加わる歯は奥歯です。ALL ON 6は歯にかかる圧力のバランスを考えて、インプラント体を移植しますので、たった6本でも、すべての歯を支えることができるのです。

通常のインプラント治療では、骨の厚みや量が不足しているとインプラントを移植できませんが、ALL ON 6では骨造成などの処置をせずに移植できます。また、手術と同時に仮歯を入れるので、その日からご自分の歯で食事を食べられます。

患者さんの身体への負担を最小限に抑えられ、治療期間の短縮と、治療費の削減にもつながる画期的なインプラント治療といえるでしょう。

日本人に合ったインプラント治療方法
ALL ON 6(オール オン シックス)は、ALL ON 4(オール オン フォー)に改良を加えた、日本人の骨格に合ったインプラント治療法です。ALL ON 4とは、ポルトガルのパウロ=マロ博士が開発した、欧米人の骨格に合わせたインプラント治療法です。4本のインプラントですべての歯を支える方式ですが、日本人の骨は弱くて脆いため、かえってあごの骨に負担をかけてしまう危険があります。

こうした問題を解消したのがALL ON 6です。インプラントの6本にしたことで全体の歯に力が加わり、奥歯やあごの骨にダメージを与えずに、より快適で安定した噛み心地が得られます。

無痛麻酔でできるインプラント治療

インプラント眠っている間に治療が可能な「無痛麻酔」の実現により、痛みのない快適な状態でインプラントの治療が受けられます。麻酔認定医のもと、全身管理下でモニタリングしながら安全に最新のインプラント治療を施します。痛み、お口を長く開けたままのだるさ、恐怖感を感じることがないばかりか、実際の手術時間よりも短く感じられます。

静脈内鎮静法
当院には麻酔専門医が常駐し、静脈内鎮静法で全身麻酔をかけてから、インプラント手術を行っています。

静脈内鎮静法とは、静脈の中に鎮静剤を点滴し、全身の感覚をリラックスさせる麻酔法の一つです。麻酔中はぼんやりした感覚になり、記憶もなくなりますので、手術中の不安や恐怖心がなくなります。

麻酔専門医が手術の流れを見ながら麻酔の量をコントロールし、麻酔の効きを調整します。例えば、噛み合わせを確認する時は浅くかけ、歯肉を切開する時などは強めにかけます。また、腫れや炎症が現れそうな患者さんや、高血圧の方などには、抗生剤や血圧をコントロールする薬なども一緒に点滴するので、術後の腫れや炎症なども抑えられます。麻酔専門医による正確なコントロールで、安全・安心のインプラント手術を可能にしています。

インプラントの流れ

1. 診療計画インプラント
初診 → 治療計画
口腔内の模型、X線写真、CT撮影・診断、口腔内写真など検査を行います。
次へ
2. 1次手術インプラント
外科問診 → 術前クリーニング → 1次手術(インプラント埋入手術) → 術後消毒 → 抜糸
治療計画に基づき、インプラントを骨に埋め込む手術を行います。
次へ
3. 待機期間インプラント
インプラントと骨が結合する(オッセオインテグレーション)期間です。
次へ
4. 2次手術インプラント
術前クリーニング(2次手術)→ 2次手術 → 術後消毒(2次手術)
1次手術時に埋め込んだインプラントの上部に、歯を作る部分をつなげる手術です。
次へ
5. 補綴処置インプラント
抜糸、印象(1回目)→ 精密印象(2回目)、咬合採得 → 試適 → 装着 → 経過観察
お口の中の歯にあたる部分(上部構造)を作る処置です。
次へ
6. 定期的なケアIMGP8866.jpg
インプラントを長く口腔内で機能させるためには、適切な口腔内のケアが不可欠です。

CTを使った安心・安全のインプラント治療

インプラント歯を支えるあごの骨には窪みや傾きがあり、神経や血管が多く集まっている場所です。とても複雑なので、レントゲンでは、骨の影になった神経や血管を確認できません。

インプラントや矯正治療では、歯とあごの骨の位置関係、大きさに加えて、神経系や血脈、筋肉や骨の構造を把握しなければなりません。そこで、見えない部分を把握するためのCTが、インプラント治療において欠くことのできない設備となっています。

治療前だけでなくインプラント施術後の状態もCT撮影をすることで、計画どおり行われたインプラント治療を、3次元的に確認することができます。

安全性・確実性の面で、CTが患者さんにとって大きな安心の拠りどころとなっています。

トップレベルの技術水準

インプラント当院では、ブローネマルクシステムを採用し、インプラント治療の世界基準におけるトップレベルの技術を提供しています。ブローネマルクシステムとは、チタンと骨の組織が一体化することが発見されたことを機に、綿密な実験と研究により確立した世界で最も治療予後の良い、かつ信頼性の高いシステムです。世界中で多くの人々に愛用され、インプラント治療の代名詞として広く知られるようになりました。

また当院では、手術で必要となる麻酔では、全身管理ができる麻酔医が担当し、非常に難しい症例でもインプラント治療をお受けすることができます。


トップへ » 治療について » インプラント


トップページ

PAGE TOP

総合トップへ戻る