トップへ » 治療について » 小児歯科

ドクターとの信頼関係がスタート

小児歯科

大人でも不安を持って歯科医院を訪れる方は少なくありません。お子さんであればなおさらでしょう。お子さんが持つ一番の不安は「いったい、これから何が始まるのか」。そして、それは「痛くないか」といった恐怖心にもつながるのではないでしょうか。

現在の歯科医療では、麻酔技術や高度化した診療設備もあって、治療による痛みを心配する必要はなくなっています。ですから、お子さんが抱く恐怖心は「何をされるのかわからない」といった 心理的なものと言ってよいでしょう。何が起こるかわからないから怖いのですし、治療の道具にしても何をするためのものかわからないから不安になるのです。

そこで大切なことは、やはり 「お子さんとドクターとの信頼関係」だと考えています。治療1つひとつのアクションごとに確認をしながら、その都度「平気だ、大丈夫だ」と自信を持ってもらうこと。信頼関係があれば「痛くないよ」と声かけされたときに、お子さんは素直に「痛くないんだな」と納得するでしょう。

小児歯科当院では、お子さんの慣れやペースに合わせた治療を行いながら、信頼関係を築いていくことを大切にしています。ドクターとの信頼関係が作られなければ、お子さんはただ歯科医を苦手に思うだけですから。

その上で「嫌な思いをせずにきちんと通えた」「治すことができた」というプラスのイメージを持ってもらうことを心がけています。それぞれのお子さんに合わせた対応を続けていけば、上手に治療を受けることができるようになります。


小児歯科メニュー

定期検診は、乳歯が生え始めた時期から始めましょう。それが、大切なお子さんの歯を健康に保つための第一歩です。お子さんの成長は早く、お口の中の環境も日に日に変わっていきます。仮に、虫歯、不正咬合や不正歯列などがあっても、定期検診を受けていれば早期発見ができます。

ブラッシング指導小児歯科メニュー
お口の健康を守る第一歩は、歯磨きです。歯磨き上手なお子さんは、当然虫歯になる確率も低くなります。虫歯を作らないように、できるだけ早い時期にブラッシング指導を受けることをおすすめします。

歯の形や歯並びは、1人1人違っています。そのため、お子さんごとに効果的な歯ブラシの動かし方は違ってきますし、どこに磨き残しがあるかも違ってきます。当院のブラッシング指導では、こうしたことをチェックしながら、お子さんを歯磨き上手へと導きます。

歯質を強くするフッ素塗布小児歯科メニュー
フッ素には高い虫歯予防効果があります。フッ素が歯の再石灰化を促し、虫歯の進行を抑えてくれるからです。フッ素ジェル、フッ素洗口、フッ素入り歯磨き剤など、さまざまな方法がありますが、最も効果があるのが、歯科医院で行うフッ素塗布です。ただし、その虫歯予防効果は3~4か月ですので、定期的なフッ素塗布をおすすめします。

虫歯を寄せつけないシーラント小児歯科メニュー
奥歯の溝に特殊な樹脂を埋めて虫歯を防ぐのが「シーラント」と呼ばれる治療方法です。効果はとても高く、取れなければ半永久的に効果が持続します。ただ、シーラントと溝の間に隙間ができると、剥がれたり虫歯に感染したりしやすく、歯科医師の技術力が問われる治療でもあります。

当院では、1本1本ていねいにシーラントを埋めていきますので、治療後に外れることはほとんどありません。万が一の場合のために、半年に1回程度のメンテナンスを行ってください。


トップへ » 治療について » 小児歯科


トップページ

PAGE TOP

総合トップへ戻る