トップへ » 治療について » スポーツ用マウスガード

意外と多いスポーツ時の歯のけが

スポーツマウスガード

実は、子どもが歯を失う原因として、意外と多いのがケガによるものです。特にスポーツ時には、相手とぶつかったり、転んだり、スポーツ用具にぶつけたりといった事故が原因となります。

万が一、ケガで歯が抜けてしまっても、できるだけ早く歯を持って歯科医院を受診しましょう。状態によっては、歯を再植固定する治療で、元に戻すことができます。

マウスガードとは?

マウスガードマウスガードは、マウスピースやマウスプロテクターとも呼ばれ、お口の中を保護するための装置です。あごや口、歯などへの衝撃をやわらげて、あごの骨折やお口の中を切ってしまったり、歯が折れてしまったりするのを防ぎます。また最近では、脳しんとうの予防にもなると言われています。

マウスガードは、スポーツ用品店などで売られています。しかし、お口の中は一人ひとり大きさも形も違います。自分にピッタリ合ったものでなければ、思った効果は得られません。口を開けたときに落ちてしまったり、それが気になってスポーツに集中できなかったり、噛み合わせが悪くて顎関節を痛めてしまうこともあります。

マウスガード本来の効果を発揮するためにも、歯科医院できちんと型をとって精密に作ったマウスガードを使用してください。

激しいスポーツや危険を伴うスポーツ、歯を食いしばるスポーツをする方々には、予防と保護が必要です。歯を食いしばると、マウスガードが磨り減ったり破損したりします。合わないマウスガードを使っていると効果が半減しますし、思わぬ事故を招きかねません。少なくとも1年に一度は歯科医院でチェックしてください。

<マウスガードの効果>
・歯を保護する
・歯の骨折を予防する
・口の中や唇を保護する
・あごの骨折を予防する
・顎関節を保護する
・脳しんとうを予防する

<オーダーメイドマウスガードの利点>
・適合性と装着感に優れる
・厚さや形態の自由度が高い
・各個人の噛み合わせに調和したものができる
・スポーツ種目の特徴によって形態を自由に変えられる

マウスガード装着義務のスポーツ
<完全義務化>
アメリカンフットボール、キックボクシング、ボクシング、テコンドー
<一部義務化>
アイスホッケー(20歳以下でフルフェイスマスクを装着しないプレーヤー)
インラインホッケー(20歳以下のプレーヤー)
ラクロス(女子プレーヤーのみ)
ラグビー(関東医歯薬リーグ・関東ラグビーフットボール協会)
空手道(流派、団体、試合ごとに独自規定・国際空手道連盟など)

マウスガード装着推奨のスポーツ ※国際スポーツ歯科医学会による
アクロバット、武術、ラグビー、ラケットボール、野球、自転車競技、バスケットボール、砲丸投げ、スキー、スケートボード、ボクシング、乗馬、フィールドホッケー、サッカー、スカッシュ、ソフトボール、ハンドボール、アメリカンフットボール、ハンドボール、体操、サーフィン、水球、バレーボール、アイスホッケー、ラクロス、インラインスケート、バンディ、ウェイトリフティング、スカイダイビング、レスリング

一流のアスリートは歯を大切にする

院長あいさつ一流のアスリートの間では、歯を大切にすることが常識となっています。たとえば、海外で活躍しているプロサッカー選手がかかりつけの歯科医院で歯の治療を受けるためにわざわざ帰国して、話題になったことがあります。

大リーグで活躍するイチロー選手は、1日5回も歯を磨くとも言われています。また、日本のトップレベルの選手を調べたところ、一般の人よりも虫歯が少なく、未処置の歯もほとんどありませんでした。

噛む力とパワーには深い関係がある

スポーツ用マウスガードプロ野球選手が試合中にガムをかんでいるのは、脳への血流を活発にして集中力を高め、より瞬発力を発揮できるようにするためだそうです。スポーツをするときにしっかり奥歯を噛みしめると、よりパワーが出ると言われています。

個人差もありますが、一般成人男子の総咬合力(噛む力)を測定したところ、98Kgf(重量キログラム)であったという研究報告もあります。

スポーツ選手は一般の人と比べて噛む力が強く、特に、姿勢を安定させて集中力を高めることが大切なライフル射撃やボート競走の選手では、一般の人の3倍近くも咬合力があります。


トップへ » 治療について » スポーツ用マウスガード


トップページ

PAGE TOP

総合トップへ戻る