トップへ » 治療について » 顎関節症

顎関節症

顎関節症

アゴの運動時にうまく動かせない、口を開けるとき、耳の前あたりでカクッというような音がしたり、痛くて噛めない、口を開きにくいなど、下記のような症状がある場合は顎関節症かもしれません。

■顎関節症チェック■
顎関節症・ 顎がよくはずれそうになる。
・口が大きく開けられない。
・ 硬い物を噛むと、こめかみや耳の付け根が痛い。
・ 食事中にアゴがカクカク鳴って、物がうまく噛めない。
・ 顎を動かすと音がする。(関節雑音)

・ 開閉口時に顎がひっかかってスムーズに動かない
・ 顎、首、肩、腰などのこりや痛みがある。
・ 歯ぎしりやくいしばりをする。
・ 慢性的な頭痛や耳鳴り、立ちくらみ、めまいがする。顎関節症

・ 起床時に疲労感がある。
・ 唾液が出にくい。
・ 舌が痛い。
・ 手足のしびれ、冷え性。
・ 眠りが浅い。

顎関節症は噛み合わせが原因で起こることが多いですが、生活習慣やストレス、姿勢なども考えられます。
当院はつけるだけのスプリント治療が中心です。専属の歯科技工士がオーダーメードで作成致します。

顎関節症スプリント


スプリントは顎の痛み、緊張を緩和し噛み合わせを安定させる為に装着します。歯ぎしりや食いしばりを矯正する為し装着する場合もありますのでお気軽にスタッフにご相談ください。(保険適用になっております)

まずはお気軽に医師にご相談ください。


トップへ » 治療について » 顎関節症


トップページ

PAGE TOP

総合トップへ戻る