トップへ » 治療について » 一般歯科 » できるだけ歯を抜かない・削らない

できるだけ歯を抜かない・削らない

一般歯科当院では「できるだけ歯を抜かない・削らない」治療を心がけています。

患者さんの将来のお口の健康を考慮して、できるだけご自身の歯を残す治療を行うことが当院の目指すところです。虫歯治療の際も、ただ削ってしまうのではなく、薬剤やそのほかの方法を積極的に取り入れています。

なぜなら、歯は一度削ってしまうと、皮膚や爪のように再生することがないからです。削ることは、歯の柔らかくて弱い部分を露出することでもあります。たとえ詰め物をしたとしても、すき間などに汚れが溜まり、虫歯や歯周病のリスクをさらに高めることにもなります。

もちろんやむを得ない場合もありますが、やはり生涯にわたるお口の健康を考えれば、削らないで治す方法を1つでも多く取り入れて「できるだけ歯を抜かない・削らない治療」を目指す以外にはありません。


トップへ » 治療について » 一般歯科 » できるだけ歯を抜かない・削らない


トップページ

PAGE TOP

総合トップへ戻る