トップへ » 治療について » 予防歯科 » 予防の基本

予防の基本

予防歯科予防の基本は、毎日のブラッシングにあります。ところが多くの方に見られるのは、ブラシを何となく動かして「磨いた気分」になっていること。これでは予防になりません。大切なのは「磨き残しやすいところがどこか」これを理解した上で正しい歯磨きをすることです。

その一方で、ブラッシングだけでは、歯周病の原因となる歯垢や歯石を100%除去できないことも確かです。そこで、定期的な歯石除去をおすすめし、歯周病にならないお口の環境を維持することが重要です。

虫歯や歯周病は、治すものではなく防ぐもの。だからこそ、定期的な検診とクリーニングが大事なのです。歯科医院は、痛くならないために行くところであり、健康を守るために行くところだと考えてください。


トップへ » 治療について » 予防歯科 » 予防の基本


トップページ

PAGE TOP

総合トップへ戻る