トップへ » 治療について » 歯周病治療 » 歯周病がある患者さんへの治療手順

歯周病がある患者さんへの治療手順

・虫歯を治療する場合
激しい痛みなどで急を要する場合を除いては、歯石除去などの歯周病の治療を並行して行っていきます。

・詰め物・被せ物を使う場合
最初に歯をきれいにし、歯周病で腫れた歯ぐきを治療してから、詰め物や被せ物を入れます。歯や歯ぐきをきちんと治療すると、詰め物がきれいに入るばかりか長持ちします。

・知覚過敏の場合
知覚過敏は噛み合わせの悪さが原因となる場合があり、歯周病と深く関係することも多いです。歯周病がある場合、歯周病の治療を優先するのはそのためです。


トップへ » 治療について » 歯周病治療 » 歯周病がある患者さんへの治療手順


トップページ

PAGE TOP

総合トップへ戻る