トップへ » 治療について » 歯周病治療 » 歯周病になりやすい人、なりにくい人

歯周病になりやすい人、なりにくい人

歯周病治療実は、歯周病になりやすい人、なりにくい人があり、これを感受性と言います。歯周病の細菌は、誰でもが持っているものなのです。中でも「レッドコンプレックス」と呼ばれる細菌巣をたくさん持っている患者さんは、年月が経てば必ず歯周病になってしまうことがわかっています。

困ったことに「レッドコンプレックス」は遺伝によるものなので、親が歯周病であれば子どもも歯周病になる可能性が高くなります。

大切なのは、やはり予防です。削った歯は元に戻りませんし、その後のケアが悪ければさらに悪化します。患者さんの感受性(なりやすい、なりにくい)がわかっていれば、歯周病も予防が可能なのです。


トップへ » 治療について » 歯周病治療 » 歯周病になりやすい人、なりにくい人


トップページ

PAGE TOP

総合トップへ戻る