トップへ » 治療について » 口腔外科 » 親知らずの治療

親知らずの治療

口腔外科親知らずはお口の中の一番奥にあるため、ブラッシングがしにくく汚れがたまりやすいことから、トラブルに発展しやすく、ご相談も多くなっています。

まず、CTスキャンで撮影をしてから外科手術を行います。これにより、確実で安全な手術を行うことができます。骨の中に埋まってしまっている難しいケースでも、親知らずを細かく砕きながら取り除くことで、極力骨を削らず、痛みと腫れの少ない処置を心がけています。

親知らずを抜いた方がいい場合
抜歯の必要があるのは、以下のような悪影響が生まれるリスクが高いケースです。

●歯ブラシが届かない位置にあり、虫歯や歯周病になりやすい
●周辺の歯に悪影響があり、口臭の原因になっている
●歯肉の炎症や腫れ、歯並びの乱れの原因になっている
●あごの動きを邪魔し、あご関節症を引き起こす場合
●あごの奥深くに埋まっていて顎の骨折の原因になる


トップへ » 治療について » 口腔外科 » 親知らずの治療


トップページ

PAGE TOP

総合トップへ戻る