トップへ » 治療について » インプラント » CTを使った安心・安全のインプラント治療

CTを使った安心・安全のインプラント治療

インプラント歯を支えるあごの骨には窪みや傾きがあり、神経や血管が多く集まっている場所です。とても複雑なので、レントゲンでは、骨の影になった神経や血管を確認できません。

インプラントや矯正治療では、歯とあごの骨の位置関係、大きさに加えて、神経系や血脈、筋肉や骨の構造を把握しなければなりません。そこで、見えない部分を把握するためのCTが、インプラント治療において欠くことのできない設備となっています。

治療前だけでなくインプラント施術後の状態もCT撮影をすることで、計画どおり行われたインプラント治療を、3次元的に確認することができます。

安全性・確実性の面で、CTが患者さんにとって大きな安心の拠りどころとなっています。


トップへ » 治療について » インプラント » CTを使った安心・安全のインプラント治療


トップページ

PAGE TOP

総合トップへ戻る