トップへ » 治療について » インプラント » 無痛麻酔でできるインプラント治療

無痛麻酔でできるインプラント治療

インプラント眠っている間に治療が可能な「無痛麻酔」の実現により、痛みのない快適な状態でインプラントの治療が受けられます。麻酔認定医のもと、全身管理下でモニタリングしながら安全に最新のインプラント治療を施します。痛み、お口を長く開けたままのだるさ、恐怖感を感じることがないばかりか、実際の手術時間よりも短く感じられます。

静脈内鎮静法
当院には麻酔専門医が常駐し、静脈内鎮静法で全身麻酔をかけてから、インプラント手術を行っています。

静脈内鎮静法とは、静脈の中に鎮静剤を点滴し、全身の感覚をリラックスさせる麻酔法の一つです。麻酔中はぼんやりした感覚になり、記憶もなくなりますので、手術中の不安や恐怖心がなくなります。

麻酔専門医が手術の流れを見ながら麻酔の量をコントロールし、麻酔の効きを調整します。例えば、噛み合わせを確認する時は浅くかけ、歯肉を切開する時などは強めにかけます。また、腫れや炎症が現れそうな患者さんや、高血圧の方などには、抗生剤や血圧をコントロールする薬なども一緒に点滴するので、術後の腫れや炎症なども抑えられます。麻酔専門医による正確なコントロールで、安全・安心のインプラント手術を可能にしています。


トップへ » 治療について » インプラント » 無痛麻酔でできるインプラント治療


トップページ

PAGE TOP

総合トップへ戻る