トップへ » 治療について » 小児歯科 » ドクターとの信頼関係がスタート

ドクターとの信頼関係がスタート

小児歯科

大人でも不安を持って歯科医院を訪れる方は少なくありません。お子さんであればなおさらでしょう。お子さんが持つ一番の不安は「いったい、これから何が始まるのか」。そして、それは「痛くないか」といった恐怖心にもつながるのではないでしょうか。

現在の歯科医療では、麻酔技術や高度化した診療設備もあって、治療による痛みを心配する必要はなくなっています。ですから、お子さんが抱く恐怖心は「何をされるのかわからない」といった 心理的なものと言ってよいでしょう。何が起こるかわからないから怖いのですし、治療の道具にしても何をするためのものかわからないから不安になるのです。

そこで大切なことは、やはり 「お子さんとドクターとの信頼関係」だと考えています。治療1つひとつのアクションごとに確認をしながら、その都度「平気だ、大丈夫だ」と自信を持ってもらうこと。信頼関係があれば「痛くないよ」と声かけされたときに、お子さんは素直に「痛くないんだな」と納得するでしょう。

小児歯科当院では、お子さんの慣れやペースに合わせた治療を行いながら、信頼関係を築いていくことを大切にしています。ドクターとの信頼関係が作られなければ、お子さんはただ歯科医を苦手に思うだけですから。

その上で「嫌な思いをせずにきちんと通えた」「治すことができた」というプラスのイメージを持ってもらうことを心がけています。それぞれのお子さんに合わせた対応を続けていけば、上手に治療を受けることができるようになります。



トップへ » 治療について » 小児歯科 » ドクターとの信頼関係がスタート


トップページ

PAGE TOP

総合トップへ戻る