トップへ » 治療について » 入れ歯治療 » 入れ歯の種類

入れ歯の種類

入れ歯は、使われる材料や治療方法によってさまざまな種類があります。

入れ歯の種類1)プラスチック義歯(保険適用)
国民健康保険などの保険を使って入れ歯を作る場合、義歯床がプラスチックのものとなります。安価に作ることができる反面、分厚くなりやすく、安定せず違和感が強くなることがあります。修理がしやすいというメリットもあります。

入れ歯の種類
2)金属床義歯
義歯床が金属でできている入れ歯です。入れ歯を薄くすることができ、保険のものよりも話しやすく、違和感が少ない点がメリットです。ただ、金属床義歯は修理が難しく、やや高価でもあります。保険の入れ歯で満足できない場合などに選択すると良いでしょう。

ノンクラスプ.jpg
3)ノンクラスプデンチャー
金属の針金が気になる方にお勧めです。

金属+ノンプラスプ.jpg
4)金属床+ノンクラスプデンチャー
金属床とノンクラスプデンチャーの混合です。


トップへ » 治療について » 入れ歯治療 » 入れ歯の種類


トップページ

PAGE TOP

総合トップへ戻る