トップへ » 治療について » 審美歯科 » 詰め物・被せ物の種類

詰め物・被せ物の種類

オールセラミック審美歯科
オールセラミックは、前歯の治療によく使われる材料です。なぜなら、自然な色を表現しやすく、審美性に優れているからです。

セラミックというのは、広い意味では粘土から作られる陶磁器などの焼き物を意味します。ここで言うセラミックとは、組成や形状などを高度にコントロールして製造されたものですが、陶器と同じ非金属の素材であることに変わりはありません。つまり、金属アレルギーをお持ちの方でも安心して使用できる点が大きなメリットです。

メタルボンドクラウン審美歯科
金属素材をセラミックで覆うことで、自然な白い歯を実現する方法です。金属を用いているので強度が高く、その金属をセラミックで覆うことで、色素の付着や変色がないという大きな利点があります。ただし、金属アレルギーのある方にはおすすめできません。

セラミッククラウン(e-max)審美歯科
天然歯に近い色調なので口を開けたときにも違和感がありません。セラミックのみでできているので、金属アレルギーの方にもおすすめです。プラーク(汚れ)も付きにくい素材です。審美的に優れ、強度・耐摩耗性があり、天然歯に近いため対合歯を傷つけません。オールセラミックとは素材の違うセラミックを使用しているため、比較的安価です。

セラミックインレー審美歯科
天然歯に近い色調と強度を持った、セラミック(陶材)の詰め物です。


トップへ » 治療について » 審美歯科 » 詰め物・被せ物の種類


トップページ

PAGE TOP

総合トップへ戻る