トップへ » 治療について » 睡眠時無呼吸症候群 » 睡眠時無呼吸症候群は、死に至る恐ろしい病気です

睡眠時無呼吸症候群は、死に至る恐ろしい病気です

睡眠時無呼吸症候群は、生活習慣病とも密接な関係があり、心臓病や高血圧、脳卒中、糖尿病などを合併する恐れがあります。SASを放置していると死に至る恐れもありますが、適切な治療を受ければ症状をコントロールできます。日常生活を快適に過ごすためにも、早期治療を受けることをおすすめします。

●睡眠時無呼吸症候群と生活習慣病の因果関係
アメリカで行った調査によると、SAS患者の生活習慣病発症率は、高血圧で2倍、心疾患3倍、脳卒中は4倍、糖尿病は1.5倍と、いずれも正常な患者に比べると高くなり、運転中に眠気を催して交通事故を起こすケースも少なくありません。


トップへ » 治療について » 睡眠時無呼吸症候群 » 睡眠時無呼吸症候群は、死に至る恐ろしい病気です


トップページ

PAGE TOP

総合トップへ戻る