トップへ » 治療について » 睡眠時無呼吸症候群 » 睡眠時無呼吸症候群用のマウスピースで就寝中の呼吸を楽にする

睡眠時無呼吸症候群用のマウスピースで就寝中の呼吸を楽にする

睡眠時無呼吸症候群 マウスピース当院では、睡眠時無呼吸症候群でお悩みの方には、睡眠時無呼吸症候群用のマウスピースをお作りしています。

睡眠時無呼吸症候群用のマウスピースは、マウスピースを装着して下顎を数ミリ程度前方に突き出して噛み合わせる状態にし、気道を確保するためのものです。咽頭部が広がるので、就寝中の喉の閉塞・狭窄を防ぎ、呼吸がスムーズに出きるようになります。軽度の睡眠時無呼吸症候群やいびきの方に効果的な方法です。

現在、マウスピースは健康保険が適用されますが、一人ひとりの歯型に合わせるため、熟練した歯科医師に受診されることが重要です。当院では院内技工所を完備しており、患者さんに合わせたマウスピースを、高い精度で製作することが可能です。装着時は顎の違和感や痛みを訴える場合がありますが、ほとんどの方は、数か月程度で慣れていくようです。

※総入れ歯をお使いの方や、重度の顎関節症がある方は、マウスピースが適用できません。


トップへ » 治療について » 睡眠時無呼吸症候群 » 睡眠時無呼吸症候群用のマウスピースで就寝中の呼吸を楽にする


トップページ

PAGE TOP

総合トップへ戻る