トップへ » 当グループの理事長 » 理事長あいさつ

歯科医療は幅の広い分野

院長あいさつ

大学卒業後、勤務医の2年を経て自ら開業。以来20数年、患者さんからの信頼を得て今日に至ります。開業医というものは、患者さんに喜んでもらい、信頼を得られなければ続かない職業です。歯医者は、特にその傾向の強い仕事だと思います。

さまざまな縁を得て開業に至りましたが、大学時代、勤務医を経て、これまでの経験から実感してきたことがあります。それは、歯科医師が実はすごく幅の広い分野だということです。それゆえ、1人の歯科医がすべての分野にわたって最上級の技術で対応することはかなり難しいのです。

1つの医院がすべての分野でベストの医療を総合的に提供するにはどうすれば良いのか。開業以来、当院の最も重要なテーマがこれです。そんな中で、当院の目指すべき道を得るきっかけとなった出来事がありました。それは、私の父の入院です。

目指す道を教えてくれた父の入院

院長あいさつ父の入院先は、もともと評判の高かった「倉敷中央病院」でした。地元の岡山はもちろん、四国や山陰からも患者さんが訪れる、人気の高い病院です。そこで目の当たりにしたのは、高度先進医療の現場であり、その現場に携わるトップレベルのスタッフたちの姿だったのです。しかも、その先進医療の一方で、24時間の緊急医療態勢を整えてもいるのです。

医は仁術と言われるとおり、質の高い医療を提供するには、人格と技術を備え持った「人(スタッフ)」に尽きるのではないでしょうか。「倉敷中央病院」が提供する質の高い医療はもちろんのこと、よくぞこれだけの一流スタッフを揃えることができたものだと、院長の手腕と努力に頭が下がる思いでした。そして、父の入院が、奇しくも私に当院の明日の姿を見せてくれたのです。

チーム医療こそが目指すべき医療

院長あいさつこのことがあって以来、当院の課題は、それぞれの専門領域のレベルを上げることとなります。ご存知ないかもしれませんが、歯科医療は技術職に近いものです。だからこそ「人」に尽きるのです。そして、歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、この一貫態勢によるチーム医療こそが、質の高い歯科医療の提供につながります。

1つの医院がすべての分野でベストの医療を総合的に提供するにはどうすれば良いのか。その答えが、徐々にできあがった現在の当院の姿です。「患者さんのため」を、本気で真摯に考えた結果でもあります。歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、そのどれをとっても、世界水準だと自負しています。

「医は仁術」医療は人に尽きる

院長あいさつ私自身は、残念ながら当院の技工士のような匠の技を持ち合わせていません。繰り返しになりますが、だからこそ高いレベルを生み出すには「人」に尽きる。当院が、高い経験値を持った専門家集団となることができ、独自のチーム医療態勢を築けたのは、もちろん出会いがあってこそ。ドクターから受付スタッフまで、お付き合いが20年を超える方も多く、こうした出会いに感謝する一方、今後は後身を育てていくことにも力を注がねばと思っています。

チーム医療は、言い換えれば分業制とも言えますので、後身を育てやすいシステムでもあります。そこで、専門医をお呼びしての講習会が持てるよう「ファーストデンタルクリニック福山」にホール施設を設けました。それぞれの分野を確立し、学びたい人を育てていける態勢を作りたかったからです。質の高い医療を継続的に提供するには、次世代の人づくりは欠かせないものです。特に、手術後にメンテナンスが欠かせないインプラントは、一生のお付き合いが必要となります。それには、継続性を保証できる法人形態のチーム医療しかありませんし、人づくりは責務でもあるでしょう。

世界を知り、我を知る

院長あいさつ現在まで、海外研修に参加し、新しい技術を積極的に取り入れてきました。今後も、研究と勉強を怠らない姿勢を持ち続け、つねにより良いもの、より良い方法をと技術向上に努めていく覚悟です。「世界を知る」ことには、2つの良い面があると思います。もちろん、最新の技術を知ることができること。そしてもう1つは、私たちの技術が、それに劣っていないという自覚が持てることです。

理事長プロフィール

院長あいさつ医療法人社団 吉岡歯科医院
理事長/院長 吉岡 寿治

<略歴>
1989年 広島大学歯学部卒業
1991年 医療法人社団吉岡歯科医院開院
2009年 スウェーデンイエテボリ大学インプラント・ペリオコース修了
2010年 ニューヨーク大学歯学部インプラント研修終了

<資格>
AFDメンバー(正会員)
ブローネマルク インプラント認定医
(ベーシックコース修了・アドバンスコース修了)
アンチエイジング認定医
歯科医師臨床研修指導歯科医

<所属学会>
日本歯科医学会
日本口腔インプラント学会
日本歯周病学会
日本顎咬合学会
アメリカインプラント学会


トップへ » 当グループの理事長 » 理事長あいさつ


トップページ

PAGE TOP

総合トップへ戻る