トップへ » 当グループの理事長 » 理事長あいさつ » 「医は仁術」医療は人に尽きる

「医は仁術」医療は人に尽きる

院長あいさつ私自身は、残念ながら当院の技工士のような匠の技を持ち合わせていません。繰り返しになりますが、だからこそ高いレベルを生み出すには「人」に尽きる。当院が、高い経験値を持った専門家集団となることができ、独自のチーム医療態勢を築けたのは、もちろん出会いがあってこそ。ドクターから受付スタッフまで、お付き合いが20年を超える方も多く、こうした出会いに感謝する一方、今後は後身を育てていくことにも力を注がねばと思っています。

チーム医療は、言い換えれば分業制とも言えますので、後身を育てやすいシステムでもあります。そこで、専門医をお呼びしての講習会が持てるよう「ファーストデンタルクリニック福山」にホール施設を設けました。それぞれの分野を確立し、学びたい人を育てていける態勢を作りたかったからです。質の高い医療を継続的に提供するには、次世代の人づくりは欠かせないものです。特に、手術後にメンテナンスが欠かせないインプラントは、一生のお付き合いが必要となります。それには、継続性を保証できる法人形態のチーム医療しかありませんし、人づくりは責務でもあるでしょう。


トップへ » 当グループの理事長 » 理事長あいさつ » 「医は仁術」医療は人に尽きる


トップページ

PAGE TOP

総合トップへ戻る